Dr.内浦の独り言
ブログ

豊胸

豊胸手術 23歳 158cm 42.5kg

先日、長いお付き合いをして頂いている患者様に「ブログ読んでます」と言って頂き非常に嬉しかったので、今日もまた書きます(笑)。
が、沢山の手術をお陰様でさせて頂いているのでご覧頂きたい症例はいくらでもあるのですが、モニターさんになって頂く手術に偏りがあるのでどうしても同じような手術の紹介になってしまいます。
どうかご容赦下さい。

今日は豊胸術について書きたいと思います。
最近書いたばかりのような気もしますが・・・・。

さて、バッグによる豊胸術をお受けいただいた23歳、158cm、42.5kgのお若い方です。
非常に痩せており乳腺量も少なくほぼ胸が真っ平らなのを改善したいとのご希望でした。

現在豊胸には、バッグ(人工乳腺)、脂肪注入、ヒアルロン酸注入とざっくり分けると3種類ありますが、今回はバッグを選択です。
痩せているので脂肪注入はそもそも不可能ですし(有効な量の脂肪吸引が出来ない)、ヒアルロン酸による豊胸は僕が嫌いでまずしませんので選択は一択です。嫌いな理由は又の機会に書ければと思います。

では手術前の写真です。
P1030027re2
痩せているので仕方ないですが皮下脂肪も非常に少なく、胸のボリュームが寂しいです。

手術後22日。
P1030708re2
使用したバッグは200cc、MENTOR社のコヒーシブシリコンバッグを使用しました。
バッグサイズの選択はなかなかの悩みどころでこれが絶対!というものはないのですが、患者様の希望のサイズを考慮した上で、体の横幅と厚みを測りそれを元に楕円の円周の近似式に当てはめサイズを幾つかに絞っております。
最後は経験に基づく選択、要は勘です。


横からの手術前。
P1030024re2
豊胸ご相談者の方には珍しくない体型です。

横からの手術後2ヶ月。
P1040893re2
十分な膨らみが出来たのではないでしょうか。

最後に手術後7日の内出血の具合。
P1030173re
一般的な平均よりも少ない方です。
手術室で抜糸後写真を取らせていただいたので背景がごちゃごちゃして見づらいですね。
すみません。
豊胸の手術では必ずドレーン入れさせて頂いております。
その一手間を省略しても良いことなんて一つもありませんから、手を抜かず必ずです。

以前の豊胸術のブログでも書きましたが、豊胸術後は定期的に検診をしましょう。
現在MRIの撮影をお願いしている八重洲クリニックは放射線科スペシャリストで画像撮影だけをされています。
本当によく診ていただけるので安心して患者様を紹介できます。
この豊胸術を安心して行えるのは八重洲クリニックの院長先生をはじめスタッフの方々のおかげです。
心より感謝しております。

豊胸手術 41歳 161cm 43kg

ここのところ脂肪吸引の記事ばかりでしたので、今日はバッグによる豊胸について書いてみたいと思います。

患者様は41歳女性、身長161cm、体重43kgと非常に痩せており、もう少し胸にボリュームがあればいいなとのご相談でした。

術前です。
mmb005_slbblog
皮下脂肪も乳腺のボリュームも少なく、痩せている方の典型といった感じの胸ですね。
肋骨も浮き気味で少し痩せ過ぎと言えるかと思います。

手術後2ヶ月です。
mmb005_slablog
バッグの大きさは225cc、決して大きなものではありませんが、あまり大きくしたくはないとのことでしたのでこのサイズとしました。
身長が有りますのでもう少し大きなものでも全く問題はないかとも思います。
デコルテ付近の肋骨の浮きも改善され女性らしい綺麗な胸元になり、少し開いた服も似合うようになったのではないかと思います。

手術前横からです。
mmb005_sbblog
ペタンコでちょっと寂しい感じです。

手術後1ヶ月です。
mmb005_sablog
大きくはありませんが十分だと喜んで頂き術者としても嬉しい限りです。

豊胸は洋服選びや下着選びが楽しくなったと本当に喜んでいただけるので好きな手術の一つです。
バッグによる豊胸(他にも方法はありますが僕はこれが一番だと思っています。)に限りませんが、豊胸術をお受けになった患者様は、乳がん検診などに行かなくなってしまう方がいるのですが、当院では提携クリニックでのMRI検査が可能であり(要実費)、術後も安心してお過ごしいただくことが可能です。

お悩みの際はお気軽にご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © クリニック日比谷 All Rights Reserved.