本日は痩せている方の脂肪吸引の症例について書きたいと思います。

患者様は28歳女性、身長164cm、体重54kgです。
この身長体重ですからむろん全く太ってなくウェストもクビレており一見すると脂肪吸引の必要性は全く無いようなスタイルです。

しかしながらよくお話を伺うと「お腹、特に下腹部が筋トレをしても昔のようにスッキリしない」とご本人は悩んでいらっしゃるご様子でした。

では、手術前の正面です。
手術前正面
クビレも綺麗です。腹筋も薄っすら浮いており力を入れればシッカリ割れる理想の鍛え具合です。
日々食事や運動に気をつけていらっしゃる方のお腹ですね(むろん体質的に有利なこともあるかと思います)。
しかし細かいことを言うと少し皮下脂肪が腰回り中心についており、腰のあたりの皮膚をグッと背中方向に押すとクビレが強くなります。
腹筋が鍛えられているからこそですね。

正面の手術後6ヶ月です。
手術後6ヶ月正面
前面はアンダーバストのラインから脚の付け根付近まで、後面もかなり広範囲に吸引しましたが元が細いので吸引した脂肪の量はたった900ccでした。
でもこのクビレ方です。
脂肪吸引は要らない分の脂肪を取れば十分効果が出ます。

手術前の斜めからです。
手術前斜め
この角度からだと少しお腹が出ているのがわかりますね。
が、これっぽっちの脂肪はどうとでもなるので全く問題ありません。

手術後6ヶ月、斜めです。
手術後6ヶ月斜め
痩せていて腹筋が鍛えられている方の見本のような体型です。
お腹の脂肪吸引でいかに腹筋が大事か、この方の症例からもよく分かるかと思います。
お腹で悩んでいるけどすぐに脂肪吸引には踏み出せない方、腹筋運動頑張りましょう!

横からの写真、手術前です。
手術前横
少しだけいらない脂肪がありますね。

横、手術後6ヶ月です。
手術後6ヶ月横
ここまで鍛えられている方の場合腹筋は横から見てほぼ真っすぐなことが多いです。
なので皮下脂肪も真っ直ぐ平らに吸引しなければいけません。
腕の見せどころであります。

最後に後ろからです。手術前。
手術前後面

後面、手術後6ヶ月。
手術後6ヶ月後面

患者様には喜んで頂き、良い結果が出せたとホッとしております。
この度は掲載許可ありがとうございました。
又次回の検診お待ちしております。