Dr.内浦の独り言
ブログ

月別アーカイブ: 2015年9月

お腹の脂肪吸引 51歳 162cm 62kg

今日は脂肪が多く少したるんでしまっているお腹の脂肪吸引について書いてみたいと思います。

患者様は51歳、162cm、62kgと肥満体型ではありませんが、お腹周り特に下腹部に多くの脂肪がついてしまっている状態です。

手術前の真横です。
真横手術前
水着をさらに下げるとお腹の皮膚は完全に垂れ下がってしまっている状態です。
皮下脂肪吸引はかなりの引き締まる力が働き多少の垂れた感じは改善できる手術です。

が、経験的に乳房、下腹部、お尻の各部位が垂れ下がった状態の場合、脂肪吸引をすると垂れた感じが悪化してしまうのがほとんどなので基本的にはそのような状態の場合は手術をおすすめしません。

当然この患者様にもそのようなことはお伝えしたのですがそれでもご希望されたのと、年齢に対して皮膚にすごく弾力があったので浅い部分に徹底的にトンネリングを施し引き締まり効果が最大限に働くよう手術をすることとしました。

手術後6ヶ月です。
真横手術後6ヶ月
完全にフラットになりました。
正直この結果は予想以上で、思った以上に引き締まり効果が強く出てくれ患者様も僕も大喜びでした。


手術前、斜めからです。
斜め手術前
残念なお腹です。中年の男性の様な感じです。
でもこの患者様、若い頃はかなりスポーツをされていたとのことで、腹筋はなかなかでした。位置も良かったので皮下脂肪さえなんとかなればかなりいい線いくはずとの気持ちもありました。

斜め、手術後6ヶ月です。
斜め手術後6ヶ月
上腹部では腹筋もうっすらわかるような感じで、温泉でお腹を隠す必要もないし、水着だって胸を張って着ていただきたい、そんなお腹になりました。


手術前の正面です。
正面手術前
正面からでは垂れた感じはわかりませんね。そのかわり腰回りについた脂肪のせいでウェストのくびれの位置がすごく上がってしまっているのがよくわかるかと思います。

正面、手術後6ヶ月です。
正面手術後6ヶ月
くびれの位置を適正な位置に下げることは、お腹の脂肪吸引で常に最優先事項の一つとしてデザインと吸引をしています。
ウェストはただ取れるところから吸引するだけでは絶対に綺麗なラインにはなりません。

最後に真後ろからの画像です。
手術前。
真後ろ手術前
腰の脂肪、すごい量です。

真後ろ手術後6ヶ月。
真後ろ正面手術後6ヶ月
「これが脂肪吸引」といった感じの最高の部分痩せ効果が出せました。

残念ながら全てのお腹が垂れ下がってしまった方にこのような結果が出せるわけではありません。
でも、お悩みの方はまずはご相談にいらしてください。
皮膚質によっても違いがあるので診察させていただいた上で手術しても大丈夫かしないべきか詳しくお話いたします。

太もも内側の脂肪吸引 29歳 155cm 44kg

今日は太ももの内側の脂肪吸引の症例について書いてみたいと思います。
患者様は29歳、155cm、44kgと全然太っていらっしゃいませんが、どういうわけか太ももの内側に皮下脂肪が多い状態です。
触った感じその部分の筋肉も細いので脂肪さえ取れれば随分隙間が開きそうなそんな脚でした。

ではまず手術前の画像です。
2015/9/23太もも内側の術前画像
内側だけくっついている状態です。
足は真っ直ぐだと長く見え、長く見えると細く見えるので、この方の場合付け根から膝まで出来るだけ真っ直ぐになるように吸引します。
その際膝周りも少し吸引しましたが、この程度の脂肪を吸引するのは時間にして5分10分なのでついでにサービスでやらせていただきます。

手術後1.5ヶ月です。
s36_lfa1.5m
術前の触診どおり太もも付け根部分の筋肉が細かったので十分な隙間が開きました。
もう二度と擦れることはないかと思います。
膝周りも僅かでありますが真っ直ぐなラインに貢献するぐらいには脂肪が吸引できました。

手術後6ヶ月の画像です。
s36_lfa6m
脂肪吸引は時間とともにより締まっていく手術です。変化としては最初の1ヶ月がもちろん一番大きいですが、その後も数ヶ月は締まり続けるので経過は少し長く診させて頂いております。
手術後1.5ヶ月に比べよりしまった感じになっていると思います。


さて、この患者様は少々術後の腫れが強く出てしまったので、腫れが強い場合の参考にしていただきたく画像を載せます。
手術後1周間の画像です。
s36_lfa7d
内側だけでなくふくらはぎの方まで腫れています。
内出血は平均より少し濃いぐらいでしょうか。

ちなみに脂肪の吸引量は1100ccでした。
s36_lipo

二の腕・付け根の脂肪吸引 29歳 158cm 57kg

本日は二の腕の脂肪吸引について書いてみたいと思います。

患者様は29歳、158cmで57kgとBMIスコア的には肥満ではありませんが、ご年齢を考えるとあと少し体重落としたいなという方です。

さて、手術前の二の腕を真横方向に挙上した写真です。
2915857fb
いわゆる振り袖ですね。腕を下ろしている状態よりもこの挙げた時の垂れる感じが一番気になるとおっしゃっていました。
ここは筋肉の位置がすごくわかりやすいので吸引しやすい場所ですし、上手に吸引すると皮膚も綺麗に引き締まって仕上がります。

手術後1ヶ月の写真です。
2915857fa
別人のラインになりました。自信を持って腕を挙げて頂けるようになったのではないでしょうか。


さて。真後ろからの術前写真です。
2915857bb
女性の二の腕は真横方向にも脂肪がつきやすいので、正面や後ろから見ると横に張り出すような腕のラインとなります。
これを改善するには腕自体の脂肪を吸引するだけでなく、脇の下の部分の脂肪もしっかり取って、腕を体にピタッとつけた時に腕を押すボリュームを少なくするとうまくいきます。

真後ろからの手術後1ヶ月です。
2915857ba
肩からヒジにかけて随分と真っ直ぐなラインになったかと思います。


真横からの写真、術前です。
2915857sb
この患者様は後ろ方向だけでなく前面にも少し脂肪があったので吸引しました。360°の吸引はやや腫れが強くなりますが、大した差ではないので出来るだけ360°で吸引するようにしています。

手術後1ヶ月です。
2915857sa
後ろ向きにカーブがかかったようなラインが真っ直ぐに近づいたかと思います。

腕は女性にとって最も露出の多い部分かもしれません。
ほっそりとした腕は綺麗ですが、かといってあまりに脂肪を吸引してしまうと筋肉が浮いて筋張ってきてしまうので細心の注意で吸引しております。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © クリニック日比谷 All Rights Reserved.